お仕事の依頼はこちら

パワーみなぎる熊野・伊勢旅行②

新生活も3週目に突入し,そろそろ疲れが出てくる頃ではないでしょうか。
夫も「忙しい!」と毎日遅くに帰ってきて朝早く出て行くのでちょっと心配です。

さて、今日は伊勢編です。
前回の熊野編はこちら

おかげ横丁で食べ歩き&おみやげGET!!

おかげ横丁へLet’s Go!!

おかげ横丁とは、伊勢内宮の周辺にある江戸時代の街並みを再現したようなお店が立ち並ぶ横丁です。ここへ来ればランチも出来るし、食べ歩きやお土産を買うことができます。

「めひび」という海藻が有名らしい!伊勢は海産物が沢山取れるらしい。
赤福!!!あのあんこたっぷりのお餅が買えます。
でも私のお目当てはこの宇治抹茶かき氷!
コロッケ絶品でした!

 

伊勢参りへいざ行かん

参道の真ん中にそびえ立つ大木!もうこれだけで何だか神々しい。

本当の伊勢神宮の参拝方法とは?

伊勢神宮の歩き方


https://www.kankomie.or.jp/special/iseshima/about/index.html

本来なら、「下宮」→「内宮」の順に参拝するのが正しい方法だそうです。
更には下宮、内宮それぞれ参拝順序も決まっているそうで、本当にパワーをGETしたい人は上の三重県観光連盟のHPを参考にしてみてください。
私たちはちょうどお昼時に熊野から伊勢へ移動したため、おかげ横丁で昼食を取った後に内宮を参拝しました。で、その後お土産を買いにまた横丁へ。

初めて参拝した感想としては、
とにかく広くて、厳格な雰囲気のある場所だな
という、なんとなーくな感想(笑)

この時は、神社巡りなんて興味もなかったし、伊勢神宮って有名だから行ってみた、というきっかけでした。
しかし、段々と全国の神社を巡るうちに、雰囲気や御朱印を集めるだけでなく、どんな神様が祭られているのか、どんな歴史があるのか興味を持つようになりました。
振り返ってみるとやっぱり伊勢神宮は他の神社とは異なり、日本人が古くから親しみ「伊勢参り」をする気持ちがわかる気がします。

よく、
「パワースポットだから、ご利益を求めて!!!」
と、ご利益だけを求めて神社に行く人がいますが、それをきっかけにして神道や歴史に興味も持ってほしいな、と思います。
だってお願い事をする神様のことをよく知らずにお願い事するって失礼じゃないですか。

SHOTAROがこの伊勢参りの時に教えてくれたのが、お願い事をするときは、
・自分の名前
・住所
を伝えたほうがいい
とか。後で調べてみたら、生年月日もあるといいんですって。

「俺は神様にお願い事はしないで、どこから来た誰です。って挨拶するだけだけどね」

なーんて言ってるSHOTAROを付き合い始めたばかりの私は信じていなかったんですけど、多分マジです。この人欲がなさすぎる。というか現実主義なんですよね。じゃぁ何で純じゃ巡りが好きなのか、謎です(笑)

夫婦岩で二人の未来をhappyに!

二見興玉神社 から見える夫婦岩

この大注大繩で結ばれた夫婦岩は、伊勢神宮の北、二見浦にある二見興玉神社から見ることができ、恋愛運UPのパワースポットとして有名です。
御朱印帳もこの夫婦岩と夕日の風景の刺繍で人気があるそうです。

SHOTARO、カエルの顔真似(笑)

神社の至る所には、こうしたカエルの置物が沢山あります。二見興玉神社が祭る神様、猿田彦大神の使いなんだそうです。神社によって、色んな生き物のこうした置物がありますよね。これもまた神社巡りの楽しみ。

真珠島とは!?謎の島に上陸。

海女さんが実演してくれるショーがあります

MIKIMOTOといえば世界でも名の知れた真珠ブランド。
そのMIKIMOTOが運営する「ミキモト真珠島」に行ってみました。
というのは、私の誕生石が真珠なので、真珠について知りたいなと思ったからです。

海女さんの実演から、真珠の歴史が知れる博物館までこの島で。


http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/index.html

海女さんのショーは結構地味でしたが、博物館の方はゆっくり見ることができました。
真珠がどのようにできるのか過程を体験出来たり、
真珠のアクセサリーの展示を見るのは飽きなかったな。
SHOTAROは飽きてました(笑)
他にも、島内に散歩コースや御木本さんの記念館があったり、だいたい1時間ぐらいで回ることができます。

もちろんお土産にMIKIMOTOの真珠を買うことも出来るので、
うまくおねだりできれば彼氏や旦那さんに買ってもらえるかも(笑)

以上、伊勢編でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください