お仕事の依頼はこちら

パワーみなぎる熊野・伊勢旅行①

私たちうさんちゅ&SHOTARO夫婦の日本制覇の旅は和歌山県・三重県からSTARTしました!
けれどあえてタイトルは熊野と伊勢。日本人が昔から参拝のために訪れていた歴史のある地です。
伊勢神宮を筆頭にパワースポットを巡るこの旅は、帰る頃には、
「あれ?肩に乗っていた見えない重石が取れたような気がする!」
「何か元気や勇気が出てきた!」
そんな旅になること間違いなしです。

伊勢神宮だけじゃない!パワースポットを巡ろう!

上の地図はGoogleMapで作成した,私たちが訪れたスポットです。
今回は熊野編をお送りします!!

始まりは熊野古道から

熊野古道は、全国各地から「熊野三山」へと向かう参詣道の総称です。

平安時代、「神仏習合(古来から日本にある神への信仰と、仏教への信仰が融合した思想)」と「浄土信仰」の浸透により、熊野地方は朝廷や公家の信仰を集めるようになりました。これが”熊野詣”の興りです。

江戸時代には,人々が「お伊勢参り」,伊勢神宮への参拝と「熊野詣」を一緒に行うようになり,熊野三山と伊勢神宮を結ぶ「熊野古道・伊勢路」を利用するようになったそうです。
私たちはその伊勢路の途中にある「馬越峠」を歩いてみました。

何とも美しい石畳が続き,テンションが高くなるSHOTARO(笑)
どんどん駆け上っていってしまい,うさんちゅは置いて行かれました…
しかし,この美しい石段と,マイナスイオンに包まれた森林の中を20分程歩くだけでも癒しとエネルギーを貰えた気がします✨
詳しいコース等は三重県観光連盟公式サイトの下のリンクを見てみてください。

馬越峠コース ウォーキング体験記

ちなみに,この熊野詣とお伊勢参りは,日本人の庶民観光旅行の原点とも言われているそうです!
そんなことも知らずに私たちは2人で初めての旅行にこの地を選んでいたとは!
普通20代のカップルが初めての旅行にこんな渋い旅行地選ばないでしょ(笑)
大体、関東圏に住んでいたら箱根とか草津とか近場で行ける温泉地とかじゃないのかな…
当時のうさんちゅは旅好きSHOTAROについて行っただけだったので特に旅行先にこだわりがあったわけではありませんでしたが(笑)

熊野三山を巡る

熊野三山とは、

  • 熊野本宮大社
  • 熊野那智大社
  • 熊野速玉大社

の3社のことを指します。
それぞれの神様:
熊野本宮大社:家津御子大神(けつみこのおおかみ)
       来世を救済する阿弥陀如来
熊野速玉大社:熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)
       過去世を救済する薬師如来
熊野那智大社:熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)
       現世を救済し利益を司る「千手観音」の権現
つまり,
熊野三山を巡れば、過去、現在、未来の安寧を得られる
というわけです。

那智熊野大社入り口
あれ、写真那智大社しかないぞ…
那智大滝!絶景!…のはず(天気が悪かった。。。)

写真が那智大社しかないというのはどういうことだ!!!けれど、どこも本当に魅力的な場所でした。

鬼ヶ城でインスタ映えな1枚を!

岩の形が鬼みたい!?似た横顔で一枚!
自然の力でこんな模様が出来るなんて不思議~!

熊野古道で山を,熊野三山でパワースポットを,そして海岸に出ればこんな不思議な自然の芸術と出会えます✨
ここ、鬼ヶ城は吉野熊野国立公園にあります。
隆起と風化と波の浸食によって生じた自然の芸術で、熊野灘に面して延々1Km続く、国の名勝・天然記念物。
ここから山頂までのハイキングコースもあるようで,桜の見ごろになると沢山の人たちが訪れるそうです。

以上、熊野編でした!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください